「第34回生協まつり」 あす開催

2014年10月11日 17時27分 ニュース, 社会, 経済

「かがやけ和歌山 広げよう平和・くらし・健康の“和”」をテーマに、毎年秋恒例の「生協まつり」が、あす(12日)和歌山城一帯で開かれます。

「生協まつり」は、わかやま市民生協などの実行委員会の主催で、1981年から毎年開かれていて、今年で34回目です。今年の「生協まつり」も、砂の丸広場のメイン会場と西の丸広場の「子ども広場」に分かれて、様々なイベントが予定されています。

砂の丸広場の中央舞台では、ドラマの挿入歌「きみの朝」や、「1年B組新八先生」の新八先生役でおなじみの歌手・岸田敏志(きしだ・さとし)さんの「ふれあいライブ」をメインに、漫才コンビ「わんだーらんど」による「お笑いステージ」、地元アーティスト・TONPEIさんや沖縄音楽アーティスト「グリコとゆうこ」によるミニライブ、それにジャンケンゲームや生協組合員によるステージが予定されています。

また砂の丸広場の舞台周辺には、模擬店や物産展、フリーマーケット、それに健康コーナーなどが設けられるほか、恒例の囲碁・将棋コーナーには和歌山県出身で囲碁の矢田直己(やた・なおき)九段が今年も来場します。

一方、西の丸広場の「子ども広場」では、大道芸人のパフォーマンスショーや、ミニコンサート、ミニSL走行、ビンゴゲーム大会などが行われます。

「第34回生協まつり」は、あす(12日)午前10時から午後3時まで和歌山城一帯で開かれ、主催する実行委員会では、多くの来場を呼びかけています。