JA共済 書道・交通安全ポスターコンクール入賞作品展示会(写真付)

2014年11月02日 12時08分 ニュース, 社会

小・中学生の見事な作品が展示された「JA共済小・中学生書道・交通安全ポスターコンクール入賞作品展示会」が、和歌山市の県JAビルで開かれています。

生き生き堂々とした作品に感心する来場者

生き生き堂々とした作品に感心する来場者

 

展示会には、書道とポスターの入賞作品合わせておよそ300点が展示されています。

今回で44回目の書道コンクールには、県内の小・中学校286校から8795点、38回目の交通安全ポスターコンクールには、県内の140校から2183点の応募がありました。

会場の入口近くには、最高賞にあたる知事賞を受賞した作品が飾られていて、余白を上手くつかったバランスのとれた文字や半紙いっぱいに書かれた堂々とした文字に、訪れた人は、感心しながら驚きを隠せませんでした。また、会場には、保護者と、自分の作品を見に来た子どももいて、嬉しそうに記念撮影をしていました。

入賞した作品のうち各学年の1位の作品27点は、今月(11月)下旬に行われる全国コンクールに出品されます。