統一地方選・自民県連第二次公認・推薦決定

2014年11月13日 18時57分 ニュース, 政治

自民党和歌山県連は、来年(2015年)4月の統一地方選挙と、来年1月の御坊(ごぼう)市議会議員選挙での公認候補者と推薦(すいせん)候補者を決定しました。

県連は、今月(11月)9日に来年の統一地方選挙と御坊市議会議員選挙での第2次公認候補と推薦候補について、代表役員会を開き協議したところ、統一地方選挙前半の県議会議員選挙では、定数2の岩出市(いわでし)選挙区に出馬を予定している新人の川畑哲哉(かわばた・てつや)氏37歳を公認候補に、定数2の西牟婁郡(にしむろぐん)選挙区に出馬を予定している新人の秋月史成(あきづき・ふみなり)氏46歳を推薦としました。

また来年1月18日に投票が行われる、定数14の御坊市議会議員選挙では、新人の松屋久紀(まつや・ひさき)氏47歳を公認候補としました。