国道169号・北山村竹原拡幅・あす(22日)供用開始

2014年11月21日 18時35分 ニュース, 交通, 社会, 経済, 防災

新宮市(しんぐうし)や北山村(きたやまむら)などと奈良県を結ぶ国道169号の改良工事のうち、北山村竹原(たけはら)の拡幅工事が完成し、あす(22日)午後4時から通行できるようになります。

拡幅工事は国道169号・北山村竹原のおよそ300メートルで行われ、県が2008年度からおよそ3億円をかけて整備しました。

幅2・75メートルの2車線と左右の路肩それぞれ0・75メートル、それに、宮ノ谷川(みやのたにがわ)をまたぐ新宮ノ谷橋(しんみやのたにばし)28メートルがそれぞれ整備されました。

県は、国道169号を川筋ネットワーク道路のひとつと位置づけ重点的に整備を進めていて「竹原地区の拡幅が完成したことにより、通行の安全と利便性が向上し、地域産業の活性化が期待される」と話しています。