関西電力が和歌山城で街灯を清掃(写真付)

2014年11月26日 19時05分 ニュース, 社会

社会貢献活動の一環で、関西電力和歌山営業所の所員が、きょう(26日)、和歌山城の街灯の清掃を行いました。

関電が社会貢献活動で和歌山城の街灯を清掃

関電が社会貢献活動で和歌山城の街灯を清掃

 

きょう午前9時半から、関西電力和歌山営業所の所員7人が、2つの班に分かれて、和歌山城内の街灯およそ30本を、高所作業車を使って清掃しました。作業にあたった所員は、ガラスクリーナーで街灯を丁寧に拭き、漏電していないかなどを確認していました。

関西電力は、毎年11月を「お客様感謝月間」とし、創業の1951年以来、様々な社会貢献活動に取り組んでいて、和歌山営業所は、管内にある40の重要文化財の清掃と電気設備の診断を去年(2013年)から行っています。

関西電力和歌山営業所お客様センターの辻本悟(つじもと・さとる)所長は「これからもお客様が満足できるサービスを提供できるよう精一杯頑張っていきたい」と話していました。