トルコ警察ナンバー2が県警の下田本部長を訪問(写真付)

2014年11月26日 19時12分 ニュース, 社会

トルコ警察の高官らがきょう(26日)、和歌山県を訪れ、和歌山県警察本部の下田隆文(しもだ・たかふみ)本部長を表敬訪問しました。

下田本部長(左)と握手するゼキ・チャタルカヤ副長官(11月26日 県警本部にて)

下田本部長(左)と握手するゼキ・チャタルカヤ副長官(11月26日 県警本部にて)

これは、日本とトルコの警察組織の交流の一環として、トルコの警察幹部が、おとといから日本を訪れているもので、トルコの警察、治安総局のナンバーツゥーのゼキ・チャタルカヤ副長官ら4人が、トルコ軍艦「エルトゥールル号遭難」で縁りの深い和歌山県を訪れました。きょう午後2時に県警本部を訪れた一行は、出迎えた下田本部長に、チャタルカヤ副長官が「美しい紅葉を見せていただき、感激しています。日本で一番訪れたい県に来ることができました。」と挨拶しました。このあと、副長官は下田本部長から県警の犯罪抑止に対する取り組みについて説明を受け、県警本部内の通信指令室を見学しました。また、和歌山西警察署や和歌山駅前交番も訪問し、県警の装備などを視察した副長官は「トルコの警察にも活かしていきたい」と話していました。一行はあす、串本町の田嶋勝正(たしま・かつまさ)町長を表敬訪問するほか、紀伊大島のトルコ軍艦遭難慰霊碑なども訪れる予定です。