わかやま国体・大会絵画コンテスト入賞作品 フォルテで展示(写真付)

2014年11月29日 18時41分 スポーツ, ニュース, 社会

来年(2015年)開かれる、紀の国わかやま国体・大会をテーマにした絵画コンクールの入賞作品の展示が、きょう(29日)から和歌山市のフォルテワジマで始まりました。

入賞作品の展示会は来月7日まで

入賞作品の展示会は来月7日まで

紀の国わかやま国体・大会絵画コンクールには、保育所・幼稚園、小・中・高校、特別支援学校の児童・生徒から、昨年度の2倍以上の3271点の応募がありました。審査の結果、保育所・幼稚園の部、小学校低学年の部など、年代・学校別に分かれた6つの部門で、それぞれ最優秀作品が選ばれました。

展示会には、最優秀作品を含めた45点の入賞作品が展示されています。多くの作品にマスコットキャラクターのきいちゃんが登場していて、小学校高学年の部で最優秀に選ばれた、有田市立宮原小学校5年の中山結夢(なかやま・ゆめ)さんの作品には、シャボン玉の中でテニスをしたり、バーベルを持ち上げるきいちゃんが描かれています。

展示会は、和歌山市本町のフォルテワジマ3階にある、わかやまスポーツ伝承館で、来月(12月)7日まで開かれています。