国体まで300日、滋賀でアイスホッケー近畿予選(写真付)

2014年11月30日 16時45分 スポーツ, ニュース

紀の国わかやま国体の開催まで、あと300日となったきょう(30日)、来年(2015年)早々に行われる冬季大会への出場をかけた、アイスホッケー競技の近畿ブロック予選が滋賀県で行われています。

紀の国わかやま国体開催まであと300日(県庁前)

紀の国わかやま国体開催まであと300日(県庁前)

和歌山県では、対戦相手が滋賀県ということで、アウェーとなるこの大会で、チーム和歌山を応援しようと事前に応援団を募集、きょう昼すぎ、チャーターしたバスで、会場となる滋賀県大津市の県立アイスアリーナに出発しました。

「紀の国わかやま国体」での総合優勝を目指す和歌山県では、その戦いのスタートなる来年1月からの冬季大会で入賞し、全体の励みにしたい考えで、その冬季大会への出場権がかかるきょうのアイスホッケー競技の近畿ブロック予選にも力が入っています。