氷じゃないスケートリンク、9日、和歌山に初オープン

2014年12月04日 19時12分 ニュース

和歌山市にある県民水泳場「あきばさんプール」に、今月(12月)9日、スケート場がオープンします。

これは、和歌山市秋葉町(あきばちょう)にある県民水泳場「あきばさんプール」2階、つどい広場に特設される「AKiBA(あきば)のっと氷(こお)リンク」で、広さは160平方メートルの小規模な施設です。

「のっと氷(こお)リンク」の名まえの通り、リンクは氷ではなく、「XTRAICE(エクストラ・アイス)」という特殊なプラスチック樹脂プレートが敷き詰められたもので、和歌山初登場となります。リンクが氷ではないため、転んだり手をついても濡れる心配はありませんが、アイススケート用の靴は利用できず、専用の貸靴(かしぐつ)での利用に限られます。また、初心者・初級者向けの小さなスケート場のため、スピンなどの演技スケートは禁止され、リンクは左回りの一方通行となります。

あきばさんプールのスケート場「AKiBAのっと氷リンク」は、今月9日午後1時にオープンし、来年(2015年)3月中旬ごろまでの営業予定となっています。オープニングセレモニーなどの予定はないということですが、初日には、紀の国わかやま国体マスコットキャラクターの「きいちゃん」がやってくることになっています。

あきばさんプールでは、これから、冬休みやクリスマス、バレンタイン・デーなどもあり、カップルや親子などで気軽に利用してほしいと話しています。営業時間は、土曜日曜祝日は、午前11時から午後4時半まで、平日は、午後1時から4時半までで、利用料金は、専用の貸靴代金も含め、16歳以上が1200円、15歳以下は800円となっています。