ノエル・アリダの最優秀賞  有田市内の幼稚園や保育園で振る舞われる(写真付)

2014年12月05日 18時42分 ニュース, 社会, 経済

ことし(2014年)の「ノエル・アリダ・スイーツコンテスト」で最優秀賞を受賞したスイーツがきょう(5日)、有田市内の保育所と幼稚園でおやつの時間に振る舞われました。

スイーツを美味しそうに食べる園児たち(12月5日 そとはま保育所にて)

スイーツを美味しそうに食べる園児たち(12月5日 そとはま保育所にて)

これは先月(11月)9日に開かれた「ノエル・アリダ・スイーツコンテスト」で最優秀賞を受賞した商品を子どもたちにも食べてもらい、商品だけでなく、有田みかんに対しても愛着を持ってもらおうと去年から行っているもので、きょうは有田市内9つの保育所と幼稚園のうち、8つの保育所と幼稚園で振る舞われました。

このうち、有田市港町(みなとまち)の有田市立そとはま保育所では、午後2時半から年長クラスの17人に振る舞われ、有田みかんの果汁を使ったゼリーや皮をパウダーにして混ぜたクリームを使ったケーキを美味しそうに食べていました。

園児らは「美味しい。みかんの味がする」と喜んでいました。

ことしの「ノエル・アリダ」は、今月1日から和歌山市や有田市、有田郡内の6つ店舗で順次販売されています。