サンタ姿のたま駅長、貴志駅イルミネーション点灯式

2014年12月07日 19時17分 ニュース, 交通

紀の川市のわかやま電鉄貴志駅で、きょう(7日)、イルミネーションの点灯式があり、三毛猫の駅長「たま」がサンタクロース姿で、「ニャー」と元気な声を上げ、点灯ボタンを押しました。

駅のホームや駅舎は、クリスマスツリーなどをかたどった電飾が取り付けられ、発光ダイオード(LED)およそ4400個が鮮やかに輝きを始めました。

来年(2015年)1月9日まで、毎日午後5時半から10時に点灯されます。この日は、和歌山市の伊太祈曽駅長の三毛猫「ニタマ」も応援に駆けつけました。

貴志駅のイルミネーションは路線存続活動を行う「貴志川線の未来をつくる会」が利用客に楽しんでもらおうと、毎年実施しています。