強姦未遂の疑いで逮捕された紀の川市の次長懲戒免職

2014年12月09日 20時09分 ニュース, 事件・事故・裁判

紀の川市はきょう(9日)、強姦未遂の疑いで先月(11月)29日に逮捕された保健福祉部次長を懲戒免職にしたと発表しました。

紀の川市の58歳の保健福祉部次長は、ことし(2014年)10月23日の午後9時ごろ、岩出警察署管内に住む無職の女性宅で、女性に乱暴しようとしたとして、先月29日に強姦未遂の疑いで警察に逮捕されていました。

そして、紀の川市はこの逮捕後、独自で調査を行い、本人が犯行を認めたため、懲戒免職に相当すると判断しました。

逮捕された保健福祉部次長は現在、釈放され、和歌山地方検察庁が捜査を継続しています。

紀の川市の中村愼司(なかむら・しんじ)市長は「市民の皆様に心から深くお詫び申し上げ、今後、このようなことのないよう綱紀粛正に努めてまいります」とコメントしています。