センバツ21世紀枠 近畿は和歌山・桐蔭を推薦

2014年12月12日 21時57分 ニュース

来年春の第87回センバツ高校野球大会で出場を目指す21世紀枠の全国各地区の推薦校9校がきょう(12日)発表され、近畿地区からは和歌山の桐蔭高校が選ばれました。

きょう発表されたのは、21世紀枠に推薦される北海道、東北、関東、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州各地区の、あわせて9校です。

推薦校に決まった桐蔭高校では、今月16日の午後3時半から、学校で推薦校表彰が行われます。

なお、来年1月23日に開かれる選考委員会で、推薦された9校のうち、3校が21世紀枠代表として選ばれ、神宮大会枠1校を含む一般選考の29校とともに、3月21日から甲子園球場で行われる第87回センバツ高校野球大会に出場します。