南海高野線 架線にビニール 一時運転見合わせで1万3千人に影響

2014年12月13日 15時56分 ニュース, 事件・事故・裁判, 交通, 社会

きょう(13日)午前、大阪・堺市の南海高野線・中百舌鳥駅構内で架線にビニールが引っかかっているのが見つかり、南海高野線は一時運転を見合わせるなどしたため、およそ1万3千人に影響が出ました。

きょう(13日)午前10時25分頃、大阪・堺市の南海高野線・中百舌鳥駅構内で、架線にビニールが引っかかっているのが見つかり、南海高野線は午前11時半過ぎまでおよそ1時間10分、難波と橋本の間の上下線で列車の運転を見合わせました。

ビニールは、縦20センチ・横2メートルの透明のもので農業用のビニールシートと見られます。

このため南海高野線は、上下合わせて56本が運休、合わせて53本に最大1時間8分の遅れが出るなどして、およそ1万3千人に影響を受けました。