年賀状の受付開始 和歌山中央郵便局でセレモニー(写真付)

2014年12月15日 20時31分 ニュース, 社会

きょう(15日)から全国で年賀状の受け付けが開始され、和歌山中央郵便局でも今朝、記念のセレモニーが行われました。

年賀状を投函する園児ら(12月15日 和歌山中央郵便局にて)

年賀状を投函する園児ら(12月15日 和歌山中央郵便局にて)

きょう午前8時半ごろから和歌山市一番丁の和歌山中央郵便局で行われたセレモニーには、和歌山中央郵便局の奥村嘉教(おくむら・よしのり)局長や紀の国わかやま国体のマスコットキャラクター・きいちゃん、それに日本郵便のマスコットキャラクター「ぽすくま」らが参加したほか、和歌山市立岡山幼稚園の園児およそ20人による合唱や「おどるんや合同連」およそ20人による紀州よさこいの演舞も披露され、セレモニーを盛り上げました。

挨拶で奥村局長は「年賀状は大切な方への一年で最初の贈り物です。元旦に一通でも多く届けることが出来るよう局員一丸となって取り組んでまいります」と述べました。

和歌山中央郵便局によりますと、来年(2015年)の元旦は近年の遅出し傾向に加え、お正月休みに入るのが例年より遅いということもあり、ことしよりおよそ36万通少ない374万通ほどの配達を見込んでいて、郵便局では今月25日までの投函を呼びかけています。