衆院選 比例代表(和歌山県内票)

2014年12月15日 13時07分 ニュース

和歌山県選挙管理委員会が発表した比例代表の県内の投票者数を政党別にみてみると、自民党が最も多く、次いで維新の党となりました。

 

県選挙管理委員会によりますと、県内での比例代表の獲得票数は、自民党が13万4765票で最も多く、次いで維新の会が8万8870票、公明党の7万2982票となっています。

また、民主党は5万172票、共産党に4万5569票、次世代の党が6401票、幸福実現党1874票と続いています。