南部LCが日赤県支部に広島豪雨の義援金60万円

2014年12月19日 18時22分 ニュース, 政治, 社会, 防災

南部(みなべ)ライオンズクラブの畑崎周定(はたざき・しゅうじょう)会長が、きょう(19日)午後、和歌山県庁を訪問し、広島県で発生した豪雨災害の義援金60万円を、日本赤十字社和歌山県支部長の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事に贈呈しました。

南部ライオンズクラブでは、先月(11月)15日に開いた結成45周年記念のチャリティー講演会での収益金を、ことし(2014年)8月に広島県で発生した豪雨災害の義援金として役立てることを決めました。

きょう午後3時前、県庁の知事室を訪問した南部ライオンズクラブの畑崎会長が、仁坂知事に義援金60万円を贈呈し、仁坂知事は感謝の言葉を述べました。