那智の滝ライトアップ試験点灯 神秘的な姿が夜空に浮かぶ

2014年12月20日 11時32分 ニュース, 社会

那智勝浦町の熊野那智大社にある、高さ133メートルの那智の滝と青岸渡寺(せいがんとじ)の三重塔で、昨夜(19日)大みそかのライトアップに備えて試験点灯が行われ、神秘的な姿が浮かび上がりました。

昨夜は、那智の滝の前に6台、三重塔の前に2台の大型投光器が設けられました。午後5時すぎに点灯されると、那智の滝は青白く神秘的な姿となって冬空に浮かび上がり、三重塔も輝いていました。

ライトアップは、大みそかから元旦にかけて訪れる初詣客を暖かく迎えようと、1989年に滝の周囲に水銀灯を設置したのが始まりです。熊野那智大社は、今月27日に滝の上にかかるしめ縄を張り替えて、迎春準備を整えます。