あす(24日)吹上キリスト教会で「クリスマス・イヴ ゴスペルコンサート」(写真付)

2014年12月23日 18時49分 ニュース, 社会

クリスマス・イヴのあす(24日)和歌山市の純福音(じゅんふくいん)吹上(ふきあげ)キリスト教会で、ゴスペルコンサートが行われます。

ゴスペルコンサートのチラシ

ゴスペルコンサートのチラシ

これは、吹上キリスト教会が、多くの人にクリスマス・イヴを楽しんでもらおうと、毎年、クリスマスイヴの夜に弦楽四重奏などのコンサートを開いているものです。

ことし(2014年)は大阪府出身のゴスペルシンガーで、アメリカで本格的にゴスペルを学んだ文屋範奈(ぶんや・はんな)さんと、大阪音楽大学を卒業後、ゴスペル音楽や聖歌隊の伴奏・指導を手がけるピアニストの坂本真紀(さかもと・まき)さんを迎えて、ゴスペルコンサートを開きます。

コンサートでは、クリスマスキャロルメドレーと題して、クリスマスにまつわる賛美歌を披露するほか、ことし大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」の劇中歌「ありのままで」や、トリノオリンピック金メダリストの荒川静香(あらかわ・しずか)さんがエキシビションの演技で採用した「ユー・レイズ・ミー・アップ」など、最近流行した曲も披露する予定です。

「クリスマス・イヴ・ゴスペルコンサート」は、あす(24日)の午後7時から、和歌山市芝ノ丁(しばのちょう)の純福音吹上キリスト教会で開かれます。

入場は無料で、定員は100人、信教や宗派を問わず誰でも参加でき、ケーキなど軽食の振る舞いもあります。