無人漁船の船長 白浜沖で遺体で発見

2014年12月24日 21時38分 ニュース

きょう(12/24)午後、白浜町沖の海で男性が漂流しているのが見つかり、和歌山海上保安部が確認したところ、きのう、日ノ御碕沖の海で行方がわからなくなっていた日高町の比井崎漁協所属の船長だったことがわかりました。

和歌山海上保安部によりますと、きょう午後1時頃、白浜町の西およそ20キロの海上で、男の人が、あお向けに浮いて漂流しているのが見つかり、死亡が確認されました。

男性は、漁船で操業中に行方不明になっていた関崇(せき・たかし)さん65歳と確認され、死因は溺死でした。