元日・道成寺で年明けから天音太鼓初打ちと修正会

2014年12月31日 15時37分 ニュース, 社会

安珍清姫(あんちん・きよひめ)伝説の舞台・日高川町(ひだかがわちょう)の道成寺(どうじょうじ)では、年が明けた元日(2015年1月1日)の午前0時から、およそ1時間にわたって、地元の和太鼓グループ「天音太鼓(てんのんだいこ)保存会」による勇壮な太鼓の初打ちが披露されます。また本堂では、同じくあす午前0時から、新年最初の法要・修正会(しゅしょうえ)が営まれるほか、この間午前1時半まで、宝仏殿(ほうぶつでん)と縁起堂(えんぎどう)が無料で一般公開されます。

さらに、正月3が日には、いずれも午後1時、2時、3時に、本堂で特別祈とうが行われ、家内安全や厄除け、心身の健康などを祈とうします。

希望する人は、それぞれの祈とうが始まる10分前までに、仁王門(におうもん)左手の集合所で申し込んで下さい。