元日・新春つれもて歩こう走ろう会

2014年12月31日 15時59分 ニュース, 政治, 社会

和歌山市の象徴・和歌山城の周囲で元旦にウォーキングやジョギングを楽しむ新春恒例の「つれもて歩こう走ろう会」が、あす(1月1日)午前7時から和歌山城・砂の丸広場で行われます。

これは、新年に新しい気持ちで和歌山城の周辺を歩いたり、走ったりすることで、市民の健康づくりに役立ててもらおうと昭和55年(1980年)から毎年行われている新春恒例行事で、今回で36回目です。

和歌山城・砂の丸広場から和歌山城周辺を思い思いのペースで歩いたり走ったりするもので、およそ1・7キロの「ファミリーコース」と、およそ2・2キロの「健脚コース」の2種類が用意されていて、誰でも自由に参加でき、先着2100人にはメダル引換券が配布され、ゴール後、来年の干支の入った記念メダルが進呈されます。

「第36回新春つれもて歩こう走ろう会」は、元日のあす午前6時半にメダル引換券受け付け、午前7時から開会式が行われ、7時15分にスタートします。

あすは尾花正啓(おばな・まさひろ)市長が就任後初めて参加する予定です。

なお、小雨の場合は予定通り行われますが、午前5時の段階で、和歌山市に大雨・洪水・暴風・大雪のいずれかの警報が発表された場合は中止となります。