和歌山中央郵便局で年賀状の配達出発式(写真付)

2015年01月01日 17時58分 ニュース, 社会, 経済

元日のきょう(1日)、和歌山中央郵便局で年賀状の配達出発式が行われました。

配達に出発する郵便局のスタッフ(1月1日 和歌山中央郵便局にて)

配達に出発する郵便局のスタッフ(1月1日 和歌山中央郵便局にて)

きょう(1日)午前7時半から和歌山市一番丁の和歌山中央郵便局で行われた年賀状の配達出発式には、和歌山中央郵便局の奥村嘉教(おくむら・よしのり)局長らが出席し、出発の合図と共にスタッフおよそ30人がバイクに乗って配達に出かけました。

出発式のあいさつで奥村局長は「年賀状は新年最初の大切な贈り物です。大切な方からの贈り物を最初に届けることができるのは私たちの大きな喜びです。」と述べました。

和歌山中央郵便局によりますと年賀状の取扱量は、メールや無料通信アプリ「LINE」の普及により年々減少傾向にあり、ことしの県内の年賀状取扱量は元日だけでおよそ1575万通と去年に比べておよそ3パーセント減少しているということです。