あすのセンター試験を前に予備校で出陣式(写真付)

2015年01月16日 19時15分 ニュース, 社会

あすのセンター試験を前に、和歌山市の予備校できょう(16日)、出陣式が行われ、およそ200人の受験生はあすの試験に向けて想いを新たにしていました。

気合を入れる受験生(1月16日 和歌山英数学館にて)

気合を入れる受験生(1月16日 和歌山英数学館にて)

きょう午後1時から和歌山市太田の和歌山英数学館の教室で行われた出陣式には、受験生およそ200人が参加しました。

この中で、和歌山英数学館の笹岡惠一(ささおか・けいいち)理事長は、「あすはたくさんの人の想いを背負って1人で受験しますが、応援されていることを忘れず、会場に着いたら落ち着けるよう深呼吸するなど工夫してください」とアドバイスを送りました。

このあと、スタッフが、受験生1人1人に、金色の鉛筆2本でVの字を表した激励グッズをプレゼントしました。

そして、受験生の代表3人がそれぞれ決意表明をしましたが、なかには感極まって目をうるませる受験生もいました。

受験生は、「きょうの出陣式でやる気が出ました」「あしたは全力を出して合格します」などと話し、あすの試験に向けて意気込んでいました。

あすのセンター試験は午前中に地理歴史と公民、午後からは、国語、外国語、英語リスニングが行われ、あさっては理科、数学①、数学②の順で試験が行われます。