うちごはんポスターコンクール受賞作品決まる

2015年01月30日 19時23分 ニュース

「ごはん」をテーマにした、子どもの絵画コンクール、「ぼくの わたしの うちごはん ポスターコンクール」の選考会が、このほど行われ、和歌山市立三田(さんた)小学校1年の覀(西)谷伊織(にしたに・いおり)さんの作品が最優秀賞に選ばれました。

このコンクールは、親と子どもに食についての正しい知識を身につけてもらおうと、和歌山放送が、食育キャンペーンの一環として和歌山市に本社のあるスーパーマーケット大手のオークワの協力を得て毎年、行っているもので、今年で3回目です。

今回は、県内の幼稚園や保育所、小学校からおよそ200点以上の応募があり、今月中旬に行われた選考会で、最優秀賞1点、優秀賞2点、入賞7点が選ばれました。

 

最優秀賞に選ばれた、覀(西)谷さんの作品は、7人が、丸いテーブルを囲んで、ニコニコと楽しそうに食事をとっている様子が描かれていて、正面から捉えた構図がおもしろく、テーブルの上に並んだ、いろとりどりの料理が、バランスのとれた食事を表現していると評価されました。

また、優秀賞には、和歌山市立楠見東小学校1年の山根木幹人(やまねき・みきと)くんと和歌山市立三田小学校5年の谷口渚彩(たにぐち・なぎさ)さんの作品が選ばれました。

和歌山放送では、最優秀賞と優秀賞、あわせて3つの作品を掲載したポスターを製作し、県内にあるオークワの店舗に掲示することにしています。