海南沖浮上式堤防計画断念・仁坂知事「大筋で受け入れる」(写真付)

2015年02月18日 19時15分 ニュース, 政治, 社会, 防災

国土交通省が3連動地震の津波対策として、海南市(かいなんし)沖に浮上式防波堤を整備する計画を断念し、護岸のかさ上げに切り替える方針を示した事を受け、和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事は、「県の津波対策の根本は命を助ける事だ。大筋で受け入れる」と述べました。

仁坂知事

仁坂知事

当初、総事業費250億円をかけて和歌山下津港の海南市沖に浮上式堤防を設置し、このうち県が費用の3分の1を負担することで整備が進められてきましたが、内閣府が3年前に南海トラフの巨大地震の被害想定を出した事を受け、国土交通省は浮上式堤防では鋼管が曲がるなど、堤防が機能しない恐れがあるとして断念し、護岸のかさ上げに切り替える方針を示しました。

しかし、かさ上げに切り替えた場合でも、総事業費はおよそ200億円多い450億円となり、完成時期も浮上式よりも4年遅い2023年度になる見込みで、県の負担も増えることになります。

仁坂知事は「我々県や地元企業の実質的な負担は増える。しかし、海南市は津波被害に襲われると生産能力が失われてしまう。県の津波対策の根本は命を助けることであり、殆どの地元企業からも協力すると言ってくれている。県として大筋で受け入れる」と述べ、計画の変更を容認する考えを示しました。