桃山「つばきまつり」3月8日開催

2015年02月24日 17時02分 ニュース, 社会

特産の桃や野菜の加工品販売のほか、ウォークイベントや様々な体験イベントなどが楽しめる「つばきまつり」が、来月(3月)8日、紀の川市桃山町(ももやまちょう)の桃源郷(とうげんきょう)運動公園・学習体験館で開かれます。

これは桃農家の主婦らによる交流グループ「桃(とう)りゃんせ夢工房」が、学習体験館にあるおよそ300品種のツバキが見頃となる早春のころ、多くの人と交流を図ろうと、2005年から主催していて、今回で10回目です。

今回は、語り部のガイドを聞きながら町内の史跡などを散策する「ふるさとウォーク」をはじめ、特産の「あら川の桃」や野菜の加工品販売、ギター演奏やお抹茶体験、押し花体験などが楽しめるほか「桃りゃんせ鍋」の振る舞いや、赤米(あかまい)や、よもぎの入った色とりどりの餅をまく、もちまきも用意されています。

なおふるさとウォークは事前の申し込みが必要です。

つばきまつりは、来月8日の午前10時から午後3時まで、紀の川市桃山町神田(こうだ)の桃源郷運動公園・学習体験館で行われます。

もちまきは午後2時半からの予定ですが、天候により早まる場合もあります。

問い合わせや申し込みの電話番号は0736(66)3454番です。月曜日は定休です。