老人保健施設で暴行の介護福祉士 処分保留で釈放

2015年02月24日 13時25分 ニュース, 事件・事故・裁判

和歌山市内の老人保健施設で、入所している84歳の男性の胸を蹴るなどしたとして暴行の疑いで今月(2月)3日に逮捕された29歳の介護福祉士の男性について、和歌山地方検察庁はこれまでに、処分保留で釈放しました。

この男性は、先月(1月)29日の未明、和歌山市の介護老人保健施設で、入所している84歳の無職の男性に蹴ったり胸を突いたりするなどの暴行をした疑いで逮捕されました。

これまでの警察などの調べで男性は、容疑を概ね認めていますが「ケガをさせるつもりはなかった」と供述していました。

和歌山地検は、捜査を継続するとしています。