御坊市が新年度予算案を発表

2015年02月27日 17時32分 ニュース, 政治, 経済

総額135億9800万円の御坊市の新年度(2015年度)一般会計当初予算案が、きょう(27日)発表されました。来月(3月)6日開会の3月定例市議会に提案されます。

御坊市の一般会計当初予算の規模は、前の年度(2014年度)と比べて、率にして4・6%、金額ではおよそ6億100万円多くなっています。

歳入は、市税収入が32億6000万円と固定資産税が減少したことにより前の年より6400万円少なくなり、地方交付税が37億1600万円、市債の発行額が17億8100万円と前の年よりいずれも増えています。

歳出は、湯川中学校の改築事業や御坊小学校の耐震化などで、今年度より6億100万円多くなっています。

新規事業では、御坊市南塩屋の須佐神社にトイレを作る事業に500万円が計上されています。

御坊市の3月定例市議会は来月6日に開会し、会期は19日間となっています。