イオンモールでオープン1年を前にイベント開催(写真付)

2015年03月13日 18時46分 ニュース, 社会

去年(2014年)3月16日のグランドオープンから1年となるのを前に、和歌山市中のイオンモール和歌山ではきょう(13日)からオープン1年を祝う様々なイベントが開かれています。

「和歌山ええとこGallary」で展示されている写真(3月13日 イオンモール和歌山にて)

「和歌山ええとこGallary」で展示されている写真(3月13日 イオンモール和歌山にて)

イオンモール和歌山3階のイオンホールでは、きょうから「和歌山『ええとこ』Gallery」が始まりました。

これは和歌山大学広報室の学生メンバー「Prism」とともに開いているもので、イオンモール和歌山や和歌山大学のほか、県内の観光地を訪れた人たちに「和歌山の好きなところ」を画用紙に書いてもらい、画用紙を掲げた人たちを写真に収めています。

ギャラリーの写真は213枚にのぼり、和歌山放送のスタッフも写っています。

また、あすからの2日間は「和歌山物産展」と「第1回パンマルシェ」が開かれます。

和歌山物産展は県内の11の会社の名産品を集めた物産展で、海南市の「3時のかんぶつ屋さん」や和歌山市の「休暇村 紀州加太」などが出店し、「かんぶつシフォン ひじき」や「加太の鯛カレー」などそれぞれの店の名物を味わうことができます。

また、「第1回パンマルシェ」は、県内を含む全国11の有名パン屋が出店するもので、和歌山市の「カテリーナ」や「ホテルズベーカリー パスワードⅡ」のほか大阪や長野の有名店も出店します。

今回のイベントについてイオンモール和歌山の伊東昭(いとう・あきら)さんは「ようやくオープンから1年が経ちました。ことしは国体や高野山開創1200年など和歌山にとって大切な年なので、私たちから和歌山の良さを発信していきたいという想いでイベントを開いています。ぜひ来場してください」と話していました。

「和歌山『ええとこ』Gallery」は、きょうから今月24日の午前9時から午後10時まで、「和歌山物産展」と「第1回パンマルシェ」はあすとあさっての午前10時から午後5時まで行われます。