総本家・駿河屋復活へ 駿河町本舗3月24日新生オープン

2015年03月16日 10時21分 ニュース

去年5月、民事再生法による経営再建を断念し、全従業員を解雇して550年の歴史に幕を閉じた和歌山市の老舗和菓子店・総本家駿河屋が、今(3)月24日、和歌山市駿河町の店舗を再びオープンすることがわかりました。きょう午後4時から記者会見が行われ、詳しい内容が発表されます。

駿河屋は、去年1月、民事再生法の適用を申請しましたが、支援先となった、兵庫県に本社のある和菓子メーカーとの交渉が最終段階で決裂したため、去年5月に経営の再建を断念し、すべての従業員を解雇しました。

そして、去年6月から始まった破産手続きで、駿河屋の資産を落札した有田市の男性が、駿河屋の再建に乗り出すかどうか、どのような形で乗り出すかが、最大の焦点となっていました。