和市の障害者支援団体 人員基準違反で受け入れ半年停止の行政処分

2015年03月30日 18時44分 ニュース, 社会

和歌山市はきょう(30日)、和歌山市の障害者支援を行うNPO団体が人員基準に違反していたとして今月(3月)26日付で、半年間の新規利用者受け入れ停止の行政処分にしたと発表しました。

和歌山市障害者支援課によりますと、和歌山市南材木丁にあるNPO法人「障害者の自立を目指す会」が運営する「ネクステージ」は、おととし9月1日に就労移行支援事業の指定を和歌山市から受けましたが、指定を受けたおととし9月1日から去年3月31日までの7か月間、和歌山市が定める就労支援員と職業指導員あわせて3人を雇用せず、運営していたということです。

和歌山市は、NPO法人を半年間の「新規利用者受け入れ停止」の行政処分にすると共に、市がNPO法人に支給していた訓練等給付費の一部、93万円1470円を返還させることにしました。

NPO法人は、和歌山市に対し「指定申請の段階で内定者はいたが、家族の事情などで働けなくなった。募集はかけていたので大丈夫だと思っていた」と話しているということです。