寄付金紛失の県・動物愛護センターに再び寄付金

2015年04月07日 18時44分 ニュース, 事件・事故・裁判, 政治, 社会

紀美野町(きみのちょう)にある和歌山県動物愛護センターに、きのう(6日)匿名で現金10万円の入った封筒が郵送で届きました。センターでは、動物愛護関連での活用を希望する人が寄付金を送ったものとみています。

県によりますと、きのうの正午ごろ、県・動物愛護センターあてに、匿名で「寄付10万円」と書かれた封筒が郵便で届き、中には白い紙に包まれた現金10万円が入っていました。

金沢市の新金沢(しんかなざわ)郵便局の消印のほかに記載はなく、センターは動物愛護関連の取り組みに対する寄付が寄せられたとみて「寄付を頂いた方に深く感謝申し上げます」とコメントし、啓発事業などに役立てる方針です。

ところで、県・動物愛護センターでは、去年(2014年)12月、匿名で届けられた寄付金10万円の入った封筒が無くなる事態があり、窃盗の可能性も有るとして警察に届けましたが、その後も見つかっておらず、問題のあった現金の管理方法を見直し、防犯対策を強化したということです。