国体・開会式に藤原紀香さんや坂本冬美さんら出演

2015年04月14日 18時30分 スポーツ, ニュース, 政治, 社会

和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事は、けさ(14日)の定例記者会見で、ことし(2015年)9月26日に和歌山市の紀三井寺(きみいでら)公園陸上競技場で開かれる「紀の国わかやま国体」の総合開会式に、女優の藤原紀香(ふじわら・のりか)さんや歌手の坂本冬美(さかもと・ふゆみ)さんらが、また10月6日に行われる総合閉会式には、元・体操日本代表の田中理恵(たなか・りえ)さんらがそれぞれ出演すると発表しました。

県によりますと、藤原紀香さんは、9月26日の総合開会式のオープニングプログラムで司会者とともに登場し、和太鼓演奏や踊り、それに国体マスコットキャラクター「きいちゃん」らによるダンスのパフォーマンスの合間にトークを繰り広げ、開会式を盛り上げます。

また坂本冬美さんは、オープニングプログラムのあとの式典前演技で繰り広げられる「紀の国の”みち”」をテーマにしたパフォーマンスの中で歌声を披露します。

一方、田中理恵さんは、10月6日の総合閉会式のオープニングプログラムで、司会者とトークを繰り広げる予定です。

このほか、国体に続いて開かれる障害者スポーツの祭典「紀の国わかやま大会」では、10月24日の開会式と26日の閉会式で俳優の小西博之(こにし・ひろゆき)さんが出演しトークを行うほか、歌手の堀内孝雄(ほりうち・たかお)さんが閉会式のファイナルステージでコンサートを行うことも併せて発表されました。

県では「藤原さんは両親が和歌山県の出身、坂本さんと小西さん、田中さんはいずれも和歌山県の出身、そして堀内さんは「南紀熊野体験博」の出演や、障害者へのボランティア活動が縁で出演を依頼した」と説明しています。