岩出署で特殊詐欺対策特別チーム発足(写真付)

2015年05月01日 18時33分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

高額の現金を欺し取られる特殊詐欺事件の被害防止と捜査体制を強化しようと、岩出警察署に「特殊詐欺対策特別チーム」が発足し、きょう発足式が行われました。

発足式で訓示する寺園署長(5月1日 岩出署にて)

発足式で訓示する寺園署長(5月1日 岩出署にて)

岩出警察署によりますと、特別チームは、110番通報を受けて関係者の事情聴取をしたり、「騙されたふり作戦」などで、犯人を現場で検挙するほか、詐欺の前兆電話を察知した場合は、金融機関などへ警戒情報を提供します。

県内の警察署で特別チームが発足するのは初めてで、生活安全刑事課員ら20人が担当します。

岩出署の寺園勝人(てらぞの・かつひと)署長は「これ以上詐欺を発生させないという想いで活動したいです」と話しています。

また、生活安全刑事課の舟井弘和(ふない・ひろかず)課長代理は、「被害防止などに素早く対応できるようにします。電話でお金を求められたら、誰かに相談してもらいたいです」と話していました。

岩出警察署によりますと、管内では、今年すでに3件の特殊詐欺被害があり、あわせて1217万円が欺し取られています。