美園商店街に市内3軒目の大衆演劇場オープン(写真付)

2015年05月01日 18時38分 ニュース, 社会

JR和歌山駅の近くに和歌山市内で3軒目の大衆演劇場がきょう(1日)、オープンし、こけら落としの公演に多くの観客が訪れました。

美園商店街にオープンした光命座(5月1日 美園商店街にて)

美園商店街にオープンした光命座(5月1日 美園商店街にて)

和歌山市美園町の美園商店街に新しくオープンした大衆演劇場「光命座(こうみょうざ)」は最大収容人数50人の大衆演劇場で、劇場オーナーの中谷均(なかたに・ひとし)さんが美園商店街を活気づけようと去年3月からオープンの準備をしてきました。

きょうのこけら落としは立ち見客が出るほどの大盛況で、「劇団 寿(ことぶき)」の団員6人が歌や踊りで舞台を盛り上げ、観客を喜ばせていました。

中谷さんは「大衆劇場のファンが増えて、美園商店街の魅力も感じてもらえれば嬉しいです」と話していました。

「光命座」では毎月1つの劇団が公演を行い、1日2回の公演を行う予定ということです。