市役所14階にバイキングレストランオープンへ(写真付)

2015年05月07日 19時33分 ニュース, 社会

和歌山市役所の14階にバイキングレストラン「十四階農園」が今月11日オープンすることになり、きょう(7日)、関係者向けの内覧会が行われました。

新しくできたバイキングレストランのメニュー(5月7日 和歌山市役所にて)

新しくできたバイキングレストランのメニュー(5月7日 和歌山市役所にて)

和歌山市役所14階の食堂はことし(2015年)3月、前の業者が赤字を理由に撤退し、和歌山市が観光客にも親しまれるレストランにしようと業者を公募したところ、和歌山市の飲食業「株式会社吉田(よしだ)」が応募し、バイキングレストランを運営することになりました。

「十四階農園」は和歌山県産の野菜などを使った料理が常時50品目取り揃えられていて、内装も木材を活かした落ち着いた雰囲気となっています。

きょう午前11時すぎから行われたオープニングセレモニーには和歌山市の尾花正啓(おばな・まさひろ)市長や運営会社の吉田友之(よしだ・ともゆき)社長らが出席し、オープンを祝いました。

このあと、関係者を対象にテスト営業が行われました。

尾花市長は試食後「野菜も多く、農園という名前にふさわしく思いました。和歌山城の天守閣の目の前というロケーションでご飯を食べると心身ともにリフレッシュすると思います。」と話していました。

「十四階農園」の営業時間は平日の午前10~午後3時までで、バイキングの営業時間は午前11時半から午後1時半までとなっています。

値段は中学生以上の大人が税込980円で、小学生が税込580円、就学前の幼児は無料です。

また、市では「たくさんの人に利用してもらえるよう、土日や夜にも営業していきたい」と話しています。