JR紀勢線 車両トラブルで一時運転見合わせ

2015年05月09日 16時34分 ニュース, 交通, 社会

きょう(9日)午後、串本町のJR紀勢線、紀伊田原(きい・たはら)駅と古座(こざ)駅の間で、走っていた特急くろしおの車両に不具合が見つかるトラブルがありました。紀勢線は紀伊勝浦駅と串本駅の間で一時運転を見合わせるなどしたため、合わせて10本の列車に部分運休や遅れが出たため、およそ500人が影響を受けました。

きょう(9日)午後1時28分ごろ、串本町のJR紀勢線・紀伊田原(きい・たはら)駅と古座(こざ)駅の間で、新宮発新大阪行きの特急「くろしお22号」の運転士が、車両に不具合があるのを確認し、現場で停車して車両点検を行いました。

このため紀勢線は、紀伊勝浦駅と串本駅の間でおよそ2時間にわたって一時運転を見合わせるなどしたため、特急3本を含む5本の列車が部分運休し、5本の列車に最大1時間55分から21分の遅れが出て、およそ500人が影響を受けました。