古川選手ら日本代表が優勝 中国アーチェリーW杯 

2015年05月11日 18時39分 ニュース

中国で開かれたアーチェリーの世界大会に出場した、近畿大学生物理工学部職員の古川高晴(ふるかわ・たかはる)選手ら日本代表チームが優勝し、世界一に輝きました。

今月5日からきのう(5/10)まで中国の上海で開かれたアーチェリーの第1回ワールドカップで、古川選手ら日本代表チームが、強豪の韓国チームを破って優勝し、金メダルを獲得しました。

また、男女混合のミックス戦でも日本チームは、優勝決定戦に進出し、韓国チームに4対5で惜しくも敗れましたが、銀メダルを獲得しています。