秋篠宮ご夫妻が高野山をご訪問へ

2015年05月17日 18時03分 ニュース, 社会

秋篠宮(あきしののみや)ご夫妻が、今月(5月)20日と21日の2日間、和歌山県をご訪問になり、開創1200年記念法会が行われている高野山や、かつらぎ町の丹生都比売(にうつひめ)神社などを視察されます。

秋篠宮ご夫妻は、今月20日の午前、羽田空港をご出発され、午後、関西国際空港へご到着になり、その後、かつらぎ町の世界遺産・丹生都比売神社や、高野山の金剛峯寺(こんごうぶじ)をご参拝になられるほか、霊宝館(れいほうかん)をご視察になります。

翌21日には、奥の院にご参拝されたあと、大伽藍(だいがらん)で行われる、開創1200年記念の開創大法会結願法会(かいそうだいほうえ・けちがんほうえ)にご出席になり、関西空港から羽田空港へお戻りになります。

秋篠宮ご夫妻がそろって和歌山県をご訪問になるのは2011年7月に和歌山市で開かれた「第60回全国農業コンクール全国大会」にご出席されて以来、4年ぶり5度目です。

当日、ご夫妻を出迎える和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事は「秋篠宮ご夫妻には、開創1200年記念大法会にご出席頂くとともに、高野町とかつらぎ町の世界遺産関連施設などをご視察して頂きます。県民とともに心からお待ち申し上げております」とコメントしています。