大学、実業団対抗相撲和歌山大会、団体の部で近畿大学37年ぶり2回目

2015年05月17日 19時30分 ニュース

第53回全国選抜・実業団対抗相撲大会がきょう(17日)和歌山県営相撲場で行われ、近畿大学が団体の部で37年ぶり2回目の優勝を果たしました。

県相撲連盟が主催して開かれ大学と実業団がそれぞれ10チームと個人戦に108人が参加して行われました。

 

団体の部では決勝戦で近畿大学が日体大に勝ち、37年ぶり2回目の優勝を果たしました。


個人の部では、日本大学の佐々木3段が、和歌山県庁の関沢5段を破り初優勝しました。