ノーリツ鋼機が東京に本社機能を集約 和歌山県は「残念」

2015年05月22日 19時00分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市に本社のあるノーリツ鋼機はきょう(22日)、登記上の本店を和歌山市から東京都港区に移すと発表しました。東京、和歌山の2か所を本社とする体制もやめて、東京に本社機能を集約します。ノーリツ鋼機は、1951年の創業以来、和歌山市を本拠地とし、和歌山本社には、現在も経理や広報などの管理部門の一部が入っています。

今回の狙いは、グループ会社が多い東京に本社機能を集中させることで、効率的な経営体制を目指すもので、ノーリツ鋼機は、来月29日の株主総会で本社集約の承認を求めることにしています。

ノーリツ鋼機の本店所在地の変更について、和歌山県の藤本陽司(ふじもと・ようじ)商工労働部長は、「和歌山発祥のノーリツ鋼機が本社の所在地を変更するのは、大変残念なことだが、効率的で機動的な経営体制を整えるため、経営上判断されたものと考えている。県としては、引き続き和歌山市に拠点を置くNKワークス株式会社やNKアグリ株式会社の事業発展に向け、支援していきたい」とコメントしています。