児童「みまもり隊」発足 紀の川市の小5男児殺害事件受け

2015年05月28日 20時13分 ニュース

ことし2月に紀の川市で小学5年生の男の子が殺害された事件を受け、子どもたちの安全を守るため、地元の人たちによる「みまもり隊」が発足しました。

ことし2月、紀の川市で小学5年だった森田都史(もりた・とし)くんが殺害され、無職の中村桜洲(なかむら・おうしゅう)容疑者22歳が殺人の疑いで逮捕されました。

この事件を受け、森田くんが通っていた小学校の近くに住む6人が、子どもたちの安全を守ろうと、「みまもり隊」を結成しました。

6人は、登校時や下校時に蛍光色のベストに帽子をかぶって道路に立ち、子ども達を見守ります。

きょうは、近くの交番で発足式が開かれ、隊長を務める会社役員の金田光央(かねだ・みつお)さんが「子どもたちの不安感を払拭したい」と挨拶しました。

そして、「みまもり隊」は、防犯を呼びかけるビラを配りました。