公明党和歌山県本部代表に多田純一県議

2015年05月31日 17時56分 ニュース, 政治, 社会

公明党・和歌山県本部の臨時大会が、きょう(31日)、県内の代議員らおよそ100人が出席して、和歌山市の県民文化会館で開かれ、党の新しい県本部代表に、多田純一(ただ・じゅんいち)県議会議員が選出されました。

多田新代表は「地方創生に全力をあげ、議員1人1人が住民相談に力を入れるなど、議員としての力を上げる」と決意を表明しました。多田新代表の任期は、来年(2016年)の10月または11月に開かれる県本部大会までとなっています。

このほか、幹事長は、中拓哉(なか・たくや)県議会議員が続投、幹事長代行には、岩井弘次(いわい・ひろつぐ)県議会議員が選ばれ、元県議会議員の角田秀樹(つのだ・ひでき)前代表は、顧問に就任しました。