今年度の観光功労者表彰に2団体と2人(写真付)

2015年06月01日 18時50分 ニュース, 社会, 経済

観光分野で功績のあった個人や団体を表彰する今年度の観光功労者表彰がきょう(1日)、和歌山市で開かれ、個人2人と2団体が表彰されました。

仁坂知事から表彰を受ける西平会長(6月1日 ホテルアバローム紀の国にて)

仁坂知事から表彰を受ける西平会長(6月1日 ホテルアバローム紀の国にて)

観光功労者表彰を受けたのは、有田市観光協会の花田優(はなだ・ゆう)会長と新宮市観光協会の寺前俊二(てらまえ・しゅんじ)前事務局長の2人と、和歌山市のNPO団体「紀州お祭りプロジェクト」と白浜町の「有限会社 備長炭研究所」の2団体です。

きょう、和歌山市のホテルアバローム紀の国で行われた表彰式で、県観光連盟名誉会長の仁坂吉伸和歌山県知事がそれぞれを表彰したあと「ことしの高野山開創1200年や、来年、放映される大河ドラマ『真田丸』が観光誘致のきっかけになります。ぜひ観光誘致していきましょう」とあいさつしました。表彰された人を代表して和歌山市のNPO団体「紀州お祭りプロジェクト」の西平都紀子(にしひら・ときこ)会長が「NPOが主催するおどるんや~紀州よさこい祭り~を通じて積極的に観光客を誘客していきたいです」などと御礼のことばを述べました。