和歌山北高出身の三口選手 近代五種で五輪出場権獲得

2015年06月03日 18時13分 スポーツ, ニュース

来年のリオデジャネイロオリンピックの予選を兼ねた近代五種のアジア・オセアニア選手権がきのう(2日)、北京で行われ、和歌山北高校出身の三口智也(みぐち・ともや)選手が、男子で9位に入って出場権を獲得しました。

近代五種のアジアからのリオデジャネイロオリンピックへの出場枠は5人で、三口選手は、今大会8位でしたが、出場権を獲得できるのは1か国最大2人のため、繰り上がりで出場権を獲得しました。

三口選手は和歌山県出身の29歳で、和歌山北高校を卒業し、現在は自衛隊に所属しています。