和歌山の梅干し贈呈 安倍首相「体に良さそう」

2015年06月05日 18時16分 ニュース

和歌山県産の梅をPRする「梅娘」が、きょう(6/5)、官邸で安倍首相と会い、南高梅の梅干しや梅酒を贈りました。

「梅娘」の馬場布友香(ばば・ふゆか)さん24歳と木本梢(きもと・こずえ)さん35歳は、田辺市の真砂充敏(まなご・みつとし)市長らとともに、官邸を訪れました。

安倍首相は、その場で梅干しを試食し、「大変おいしかった。体に良さそうな感じだね」と笑顔を見せていました。

真砂市長によりますと、安倍首相は、今月5日から9日に予定されているウクライナとドイツ訪問の際に、「梅干しを持参する」と話していたということです。

「梅娘」の木本さんは、官邸で記者団に対し、「梅酒を飲んで元気に過ごしてもらいたい」と首相にエールを送っていました。