「ロト6の当選番号提供」の特殊詐欺 850万円の被害

2015年06月06日 12時22分 ニュース, 事件・事故・裁判

「ロト6の当選番号を提供する」として、御坊署管内の50代の男性が合わせて現金850万円を騙し取られる事件が発生し、御坊警察署が特殊詐欺事件として捜査を始めています。

警察によりますと、ことし1月頃、御坊市の50代の男性宅に男から「特別会員になってもらえると、ロト6の2等の当選金が入る。しかし審査が必要なので、当選金の使い道を作文にして、FAXして下さい」という電話がありました。男性が作文を送ったところ、後日再び電話があり「審査の結果、合格になった。当選番号の情報を取るので、情報元へ350万円入金してもらう必要がある」と言われ、男性は指定された振込先に現金を振り込んだということです。

その後も男は、男性に対して様々な理由を挙げて、今年1月から4月にかけて、合わせて6回にわたり合わせて現金500万円を振り込ませました。

当選金が振り込まれないことを不審に思った男性が、男に問い合わせ、男は返金に応じると言いましたが、現金は返されず、男性が警察に被害届を出したものです。被害総額は、およそ850万円にのぼっています。

警察は「おいしい話はないので、不審に思ったら、すぐに警察に相談して欲しい」と呼びかけています。