和歌山市でインターハイ総合開会式の合同練習(写真付)

2015年06月17日 18時57分 スポーツ, ニュース

和歌山県など近畿各地で来月(7月)始まる、全国高校総合体育大会・インターハイは、来月28日に和歌山市のビッグホエールで開会式が行われます。きょう(17日)ビッグホエールで総合開会式の合同練習会が行われました。

近畿総体・インターハイの総合開会式は7月28日

近畿総体・インターハイの総合開会式は7月28日

 

和歌山市手平の和歌山ビッグホエールでは、開会式で演奏やダンス、合唱などを披露する県内の高校生およそ400人が参加しました。練習会場では、向陽高校と那賀高校吹奏楽部の演奏が流れる中、田辺工業高校体操部の部員が回転技を披露するなど、本番に向けて、細かい動きの確認が行われました。

向陽高校3年生で、吹奏楽部副部長の三浦佳穂(みうら・かほ)さんは「広い会場での演奏なので本番が楽しみ。開会式に来てくれた人が、すごいなと思ってくれるよう頑張りたい」と話しました。

近畿地方で開かれるインターハイは、7月28日に、和歌山市手平の和歌山ビッグホエールで、総合開会式が開かれ、和歌山県内では、陸上・剣道・ヨットの3つの競技が行われます。