みさと天文台で七夕結婚式、みんなで祝福を

2015年06月22日 19時45分 ニュース

紀美野町のみさと天文台が、開館20周年を記念して、来月(7月)7日に、星前(ほしまえ)結婚式を開催することになり、当日、新郎新婦を一緒に祝福してくれる一般参加者を募集しています。

結婚式を挙げるのは、公募により選ばれた、海南市の33歳の男性と和歌山市の28歳の女性のカップルと、紀美野町出身の男性と和歌山市出身の女性のともに26歳で現在川崎市に住むカップルの2組です。

天文台では、紀美野町全体のイベントとして取り組み、みんなで祝いたいと町の広報誌などを通じて、協力を呼びかけ、現在、宿泊施設やレストランなど町内の業者がタッグを組んで、食事会などの準備を進めています。一方、挙式は、夜に星空を前に行う予定で、会場を音楽で彩るミュージシャンらも何組かが決まり、関係者が、打ち合わせを重ねています。

そして、みさと天文台では、来月7日の挙式当日、午後8時から9時ごろにかけて、新郎新婦をフラワーシャワーや暖かい拍手で一緒に祝福してくれる一般参加者を募集しています。参加希望者は、申込みなどは必要ありませんが、当日午後8時前までに、天文台に集まって欲しいということです。